本文へスキップ

岩手大学電気電子情報科会へようこそ

事 務 局 便 り

事務局からお知らせ

目 次

【2020年】  【2019年】  【2018年】   訃 報 
  

  【2020年】                      

NEW
 令和2年度科会総会に代わる理事会開催
(2020.10.4)

令和2年度総会(理事会)報告            
令和2年10月4日
                    岩手大学電気電子情報科会
                       会長 久保田 賢二

 仲秋の候、会員の皆様にはご清祥にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 さて、当初6月に仙台市で開催を予定しておりました令和2年度の本会総会は、新型コロナウィルス感染拡大の中、理事会事務局と仙台支部で協議を重ね、4月24日に拡大防止のため秋まで延期し、開催地も白紙に戻して状況を見守ることにしました。一方、感染者なしが続いていた岩手県内でも7月29日にPCR検査で初の陽性を確認。10月3日まで累計24人の陽性が確認されており、全国規模で感染規模の一進一退が続いています。
 8月29日に開催した今年度第1回理事会で、改めて理事会を招集し総会の議案等を審議、その理事会承認をもって総会承認に代えることにしました。10月3日午後、盛岡市のエスポワールいわてに於いて「総会に代わる理事会」を開催しましたのでご報告申し上げます。
 「総会に代わる理事会」では、まず令和元年度の事業及び収支決算報告・令和2年度の事業計画及び予算案・役員改選について審議し原案通り承認されました。
 続いて、本会創立80年記念事業について審議し、コロナ禍の観点から予定から1年遅らせて、令和4年度の総会当日に記念式典を実施することになりました。皆様には事情ご賢察下さり、ご了承賜りますようお願い申し上げます。
 終わりに会員の皆様のご健勝を祈念申し上げます。

 議事の概略は次の通りです。

◆令和2年度総会議案
   第1号議案 令和元年度事業報告
   第2号議案 令和元年度決算報告並びに会計監査報告
   第3号議案 令和2年度事業計画
   第4号議案 令和2年度予算
   第5号議案 役員の選任について
その他
   岩手大学電気電子情報科会創立80周年記念事業の延期について
     新型コロナウイルス感染症感染予防のため、令和3年度総会時に開催
    予定の岩手大学電気電子情報科会80周年記念事業を1年延期する。

    以上の議案はすべて満場一致で承認されました。


(議案の詳細は次号の科会誌「きたかみ67号に掲載します。科会誌発行前にご覧になりたい方は卒業科名、コース名、卒業年、氏名を明記してこちらまでメールを送ってください。折り返しPDFを添付して送ります。
 なお、第5号議案は科会ホームページの「プロフィール」の令和2~3年度役員名簿を更新しましたのでご覧ください。
 科会本部総会に併せて盛岡支部総会も行いましたので支部会員には支部の議案書も添付します。なお、11月に予定していた今年度の盛岡支部事業所見学会は新型コロナ禍のため中止します。

  科会総会延期のお知らせ       (2020.4.24)

 岩手大学電気電子情報科会 会員のみな様     2020年4月24日

                      岩手大学電気電子情報科会
                        会長 久保田 賢二
   
   令和2年度岩手大学電気電子情報科会総会延期について

 会員の皆様には本科会の事業及び運営にいつもご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
  さて、6月27日に仙台で開催を予定しておりました令和2年度の本会の総会ですが、緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出や他県にまたがる移動の自粛要請が行われた現況に鑑み、メール・書面による臨時理事会で協議した結果、誠に残念ですが秋以降に延期することを決定しました。会員の皆様にはご了承いただきたく、お願い申し上げます。
  仙台支部には、数藤支部長を初めとする役員の方々そして会員の皆様方に、会場の確保に始まり、種々準備を進めて頂いておりましたことに厚く御礼申し上げますとともに、ご労苦に報いることができませんことをお詫び申し上げます。。
 今後、総会までは理事会で協議し、開催場所、日時などホームページを通じてご連絡致しますので、よろしくお願い致します。
  皆様には、くれぐれもお気をつけて、ご健康で過ごされますよう祈念申し上げます。



 卒業生4人に草刈賞贈呈       (2020.3.31)

 在学中にサークル活動などで顕著な活躍があった学部卒業生に贈る草刈賞の選考委員会(委員長 柏葉安兵衛)は、電気電子通信コース、知能・メディア情報コースからの推薦者を選考の結果、赤石譲君・福士遼君・吉田望君・中村海音さん(いずれも知能・メディア情報コース)を最終候補に決め、3月23日に贈呈しました。
 卒業式は新型コロナウイルス拡大防止のため中止になりましたが、学長表彰式の場で4名に理工学部長から贈呈されました。受賞した4名を紹介します。

赤石 譲(あかいし ゆずる) 知能・メディア情報コース 4年次
 赤石譲君は岩手大学の体育系サークル「ワンダーフォーゲル部」に所属し、その活躍と人柄から2年生~3年生には部長を務めました。ワンダーフォーゲル部では秋田大学との交流登山を企画するなど部の発展に貢献、下級生たちに山登りの楽しさと安全への心がけを教えました。危険と隣り合わせの登山では正しい天候判断が要求されます。そのためラジオの気象通報から天気図を書く技術を習得し、下級生にもその技術を指導し実際の山登りにおいても悪天候を察知し、部長として登山中止を決断したこともありました。
 赤石君は有志による課外活動「ETロボコン]の岩手大学チームにも参加。東北地区大会で総合優勝、続く全国大会に進みソフトウェア技術が特に優れているTOPPERS賞と、総合4位に輝きました。ETロボコンは取込みシステム技術協会が主催する自動制御ロボットの組込みソフトウェア技術を競う競技会です。赤石君はロボットの目を担当し、ロボットが自動的に数字を見分ける技術を開発しました。この技術は競技においてロボットが高難度の技を成功させることに貢献しました。

福士 遼(ふくし りょう) 知能・メディア情報コース 4年次
 福士遼君は,社会人フットサルチーム「Cross Colours」と「岩手大学フットサル部クロスカラーズ」に所属、それぞれのチームで中心的な人物として岩手県内におけるスポーツ活動を、学業とともに積極的に行ってきました。 フットサルチームCross Coloursは岩手県の社会人フットサルチームで、一般社団法人東北サッカー協会の東北フットサルリーグ1部リーグに所属しています。福士君は,Cross Coloursmに所属し、中心的なメンバーとして活躍してきました。福士君が所属し始めた当初は、2部リーグに所属していましたが、2018/2019シーズンには社会人フットサルリーグ東北2部北において優勝を果たし、1部リーグへ昇格を果たしました。

 また、福士君は友人2名とともに「岩手大学フットサル部クロスカラーズ」の立ち上げメンバーとして、フットサル部の創設に携わりました。福士君たちの強い呼びかけにより同士を集め、部活動としてフットサルを創設、現在では15名程度のメンバーをかかえるチームに育ちました。


吉田 望(よしだ のぞむ)  知能・メディア情報コース 4年次
 吉田望君は、ものづくりを実践的に学ぶための学内カンパニー活動で、岩手大生の学習・生活環境を向上させる情報サービスをチームで開発し、その活動は2017年度に最優秀賞、2018年度に特別賞を受賞、高く評価されています。技術的貢献に加えPR活動を牽引するなど、リーダーシップ性を発揮。カンパニー社員と2名で出場した大船渡ビジネスプランコンテスト2017では、ITで盛り上げる物々交換マッチングサービスを提案、最優秀賞を受賞しました。
 また、国際性にも優れ、対外的な活動としては Univercity of British Colombia への留学や、CG分野の国際会議 SIGGRAPH Asia 2018 の運営に携わりました。学内では、学務国際課の学生スタッフや留学生チューターとして大学の国際化に貢献しました。上級英語プログラム Super English を理工学部で唯一修了するなど、精力的に活動しました。
 研究活動では、楽器演奏の支援と表現拡張に関する2つの研究に並行して取り組み、査読付き国際会議Internatinal Workshop on Adbanced Image Technolgy 2020 に主著論文二編を発表するなど、卓越した成果を上げています。


中村 海音(なかむら かいね) 知能・メディア情報コース 3年次
 中村海音さんは,課外活動である学内カンパニー、enPiT、岩手発超人スポーツプロジェクトの活動や複数のプロジェクトでソフトウェア開発に取り組ました。1年生の時は就活を題材にしたロールプレイングゲームに取り組み、実践的なスキルを身に付けました。2年生では1年生の経験を基にenPiTと岩手発超人スポーツプロジェクトとしてボートを題材にしたスポーツゲームに取り組み、開発に関する主要な役割を担いました。
 3年生ではスマホを利用したアイアシスタント利用アプリ、レガッタ(漕艇)を題材にしたARスポーツ、リズムアクションゲーム、バリアフリーアーチェリー(卒業研究の一環)と、授業等を含めると4つのプロジェクトをこなしながら、ソフトウェア開発の基幹的役割を果たしました。3年前期の授業ではリズムアクションとロールプレイングを融合させたゲーム開発は、グループを最優秀賞に導きました。
 中村さんは成績優秀で3年間で卒業単位を取得。複数の課外活動にも取り組み、早期卒業を迎えたことは驚異的であり、情報コースのロールモデルの一人です。

      

 新正会員歓迎会中止のお知らせ       (2020.2.27)

 ご案内していました令和2年電気電子情報科会新正会員歓迎会(3月5日午後6時予定)は、事務局が緊急協議を行い、新型コロナウイルス感染症の拡大阻止のため開催中止を決めました。
 母校の岩手大学は2月27日付学長通達で、学内外で行事やイベント開催は可能な限り控える。実施する場合でも、会場は1時間に1回の換気に努め、会場入り口等にアルコール消毒液を主催者が準備、飲食等の提供(軽食やコーヒー等)は控え、会場内は参加者が2メートル以上離れる設定で、懇親会等もできる限り自粛などを求めました。この方針を受けて学内行事も延期や中止が広がっています。
 新会員にとって1度限りの歓迎会だけに誠に残念ですが、社会人に向けて大切な新年度です。健康と希望に溢れた一歩を踏み出すよう祈念します。幸いにも27日現在、岩手県内での感染は伝えられていませんが、科会員皆様の感染予防とご自愛を心からお祈りします。

  【2019年】                     

 科会盛岡支部主催新年会のご案内    (2019.12.25)

 電気電子情報科会盛岡支部主催の新年会を下記の通り開催します。暖冬傾向とは言え厳寒期の盛岡ですが、令和初の新年会に多くの会員皆様が参加し、賑やかにご歓談いただきたくご案内します。

◆日時:令和2年1月25日(土)午後3時~5時
◆場所:エスポワールいわて  1階
      住所 盛岡市中央通1丁目1-38
      電話 019-623-6251
◆会費 5,000円(会場の受付でいただきます)

盛岡支部会員の皆様にはE-mail、または往復葉書でご案内しましたが、連絡が届いてない方や、盛岡支部会員以外で参加したい方は、こちらまでお知らせください。


     ∞ ∞ ∞ 終了しました ∞ ∞ ∞
             (フォトギャラリーに集合写真があります)


 金田重憲氏(S48電気卒)が経産大臣表彰受賞  (2019.12.16)

 昭和48年電気科卒の金田重憲氏が、平成30年8月1日に第54回電気保安功労者として経済産業大臣表彰を受賞しました。電気保安功労者表彰は「電気使用安全月間」の経済産業省の取組の一つとして、電気保安に関し、保守運営体制・管理体制が優良であり、保安教育の推進や安全思想の普及などに永年にわたり努力してこられたと企業等及び個人を経済産業大臣が表彰するものです。金田氏は個人部門23人のお一人として表彰されました。

 金田氏は受賞後、会員である日本電気技術者協会機関誌に「電気に限らず事故を防ぐには多くの目と老婆心であっても、危ないと感じたら誰でも注意したいものだと今でも感じている。(中略) 電気主任技術者の責任がますます重くなっていることを実感した」と寄稿しています。

 盛岡支部事業所見学会のご案内   (2019.9.27)

 令和元年度の盛岡支部事業所見学会は、横河電子機器株式会社にお勤めの盛岡支部理事・会計の伊東寿勝様(平成1年電気卒)のご協力により、 同社盛岡事業所を訪問します。盛岡事業所(所員約170人)は航海機器の研究・開発・設計・製造を担当しており、日・中・韓の造船所のほか、世界各地に向け製造販売しています。
 見学終了後、国道46号(盛岡西バイパス)林崎交差点脇の「バウムクーヘン」でささやかな懇親会も開きます。
 見学会は下記日程で行います。平日ですが皆様方の参加をお願いします。

 期日:2019年11月1日(金)午後1時30分 現地集合
 場所:横河電子機器(株)盛岡事業所
      盛岡市上飯岡1-15-8
      同社ホームページは
      http://www.morioka-seiko.co.jp/

     ∞ ∞ ∞ 終了しました ∞ ∞ ∞

◆盛岡支部会員11人が参加。同社執行役員の田代亨盛岡事業所長(岩大工学部金属工学科卒)から歓迎のご挨拶をいただきました。引き続き伊東寿勝(H.1電気卒)本社第3営業本部長から同社の沿革と、盛岡事業所のジャイロコンパス・オートパイロットなど中・大型船舶用自動制御機器を解説していただき、所内を見学しました。盛岡事業所は開発から設計、潮風に強い純アルミニューム製筐体の鋳造から始まる一環工場で、多くの工学部卒業生が活躍していました。場所を変えた懇親会も参加者全員が参加。短い時間でしたが、盛岡にも開発から製造まで規模が大きい事業所が活躍してることを改めて認識。科会員の近況も語り合いました。
 蛇足ですが、事業所周辺には複数の大型事業所があるが道路が狭い! 盛岡市は製造業の立地と環境整備をもっと積極的に進めてほしいと感じました。

  (フォトギャラリーに記念写真があります)


 片方 威 氏が瑞宝小綬章を受賞        (2019.6.16)

 電気工学科昭和31年卒の片方 威 氏(元日本国有鉄道大阪鉄道管理局鷹取工場長、現在は岩手県北上市在住)が、令和元年春の叙勲で鉄道功労者として瑞宝小綬章を受章されました。

 岩手大学から科会に感謝状              (2019.6.4)


    (写真をクリックで拡大)          感謝状贈呈式[岩手大学広報室提供]

 5月30日、岩渕学長を始めとする岩手大学全理事や全学部長等が参列する中、令和元年度岩手大学感謝状贈呈式、および名誉教授称号授与式が執り行われました。今年度は、本電気電子情報科会(久保田賢二会長)を含めて4団体および個人へ感謝状が、7名に対して名誉教授の称号が贈られました。
 感謝状は、学生の充実した学生生活を継続的に支援したことに対して贈られるものですが、本科会においては日頃の同窓会活動に加えて、平成16年1月7日に制定、以降16年間にわたり継続して実施している「草刈賞」の活動が高く評価されたようです。岩渕学長よりのお礼の言葉にもそのことが語られており、今後も継続してご支援いただきたいと改めてお願いされました。

 横山 隆三 名誉教授が瑞宝中綬章を受賞  (2019.5.28)

 横山隆三先生が令和元年春の叙勲で、教育研究功労者として瑞宝中綬章を受章されました。
 横山先生は1964年3月、東北大工学部電気科を卒業、米国ロチェスター大学の博士課程に留学。東北大電気科助教授を経て、1972年3月に岩手大電気科助教授に着任。1982年4月岩手大工学部情報工学科教授となり、2005年3月岩手大学を定年退職し名誉教授に就きました。
 退職後はリモートセンシングデータ及び数値標高モデルの解析処理の研究成果をもとに、2011年6月、岩手大理工学部構内の盛岡市産学官連携研究センター内に「(株)横山空間情報研究所」を設立後、2019年5月まで代表取締役としてご活躍されました。

 令和元年度電気電子情報科会総会のご案内   (2019.4.1)

 令和元年度(2019年度)岩手大学電気電子情報科会総会を下記の通り開催しますのでご案内申し上げます。会員各位の多数のご参加をお待ちしております。
 総会の出欠については「きたかみ」65号綴じ込みのハガキに、ご住所と連絡先等をご記入し切手(62円)を貼り付けのうえ、開催1か月前の5月15日までご投函いただきたくお願い申し上げます。

◆日  時:令和元年(2019年)6月15日(土)
      受 付     午後1時30分~
      盛岡支部総会  午後2時00分~午後2時30分
      総 会     午後2時30分~午後3時30分
      講演会等    午後3時30分~午後4時30分
      記念写真撮影  午後4時30分~午後4時45分
      懇親会     午後5時00分~午後7時00分

◆場  所:エスポワールいわて
      〒020-0021 盛岡市中央通1丁目1-38
      TEL  019-623-6251


 [盛岡駅から約1.2㎞、大通りを東に歩いて15分です]
 案内図クリックで拡大

◆議  題:1.平成30年度事業報告、決算報告承認
      2.令和元年度事業計画案、予算案審議
      3.その他

        ◆講 演 会 :演題 「建築防災の現状と防災気象情報の利活用」
      講師  齊藤 久昭 氏(昭和54年電子卒)
          盛岡ニッタン(株)代表取締役・気象予報士

     ∞ ∞ ∞ 終了しました ∞ ∞ ∞

◆来賓の電気・情報の各コース長と会員28の計30名が参加。総会では全議案が承認されました。「本日、岩手県が梅雨入り~」 で始まった齊藤久昭氏の講演では、最先端の建物の防災設備、最新の防災気象情報の活用術など貴重なお話しを傾聴。和やかな懇親会に続きました。  (フォトギャラリーに記念写真があります)

 新正会員歓迎会のご案内         (2019.2.4)

 電気電子情報科会新正会員歓迎会を下記の通り開催します。この春に学部を卒業する新正会員の前途を祝すとともに、科会正会員加入を歓迎したいと思います。また、卒業生を対象にしている「草刈賞」受賞予定者の紹介も予定しています。会員皆様方の多数のご参加をお願いします。

◆日時:平成31年3月6日(土)午後6時~8時
◆場所:岩手大学理工学部生協食堂
◆会費:2,000円

     ∞ ∞ ∞ 終了しました ∞ ∞ ∞

  【2018年】                      

 科会盛岡支部主催新年会のご案内 
   (2018.12.24)

 電気電子情報科会盛岡支部主催の新年会を下記の通り開催します。暖冬傾向とは言え厳寒期の盛岡ですが、平成最後の新年会に多くの会員皆様が参加し、賑やかにご歓談いただきたくご案内します。

◆日時:平成31年1月26日(土)午後3時~5時
◆場所:ホテル ルイズ  3階「青海の間」
      住所 盛岡市駅前通7-15
      電話 019-625-2611(代)


     ∞ ∞ ∞ 終了しました ∞ ∞ ∞
             (フォトギャラリーに集合写真があります)


  三浦 守 名誉教授が瑞宝中綬章を受章   (2018.11.13)

 三浦守先生が平成30年度秋の叙勲で、教育研究功労として瑞宝中綬章を受賞されました。三浦先生は岩手大学工学部電気工学科を1962年卒業。東北大学助手・秋田工業高等専門学校助教授・東北大学講師併任を経て、岩手大学助教授および教授としてご活躍。2001年4月からは公立はこだて未来大学教授を勤められ2010年4月に70歳で退職されました。岩手大学と公立はこだて未来大学の名誉教授です。インターネットなどで本人の認証及びプライバシーの保護に役立つ「カオス・ニューラルネットワークを用いた暗号システム及び復号システム」の研究は特許を取得しました。
(東京支部 澤藤隆一氏提供)


 盛岡支部事業所見学会のご案内   (2018.9.19)

 平成30年度盛岡支部の活動として品質管理の要職に就かれている科会本部理事の國保章子さんのご協力で盛岡セイコー工業株式会社の見学会を行います。盛岡セイコー工業(株)は多くの熟練技能師に手による世界最高水準の超高級機械式腕時計製造とともに、自動化を追求した最先端の製造ラインによるクオーツ腕時計のムーブメントの製造を行っています。NHKテレビでも放映され、工場がある雫石町は「日本のスイス」と紹介されました。
 見学会は下記日程で行います。

 期日:2018年11月2日(金)午後2時 現地集合
 場所:盛岡セイコー工業株式会社
      雫石町板橋61-1
     http://www.morioka-seiko.co.jp/


     ∞ ∞ ∞ 終了しました ∞ ∞ ∞
             (フォトギャラリーに記念写真があります)

 訃  報                  


 志田純一顧問(岩手大名誉教授)  (2020.5.4)


[最終講義で微笑む志田先生]

 科会顧問で岩手大学名誉教授の志田純一先生が、2020年4月30日午後2時55分、鬱血性心不全のため盛岡市内の病院で逝去されました。満93歳でした。
 東京都出身の志田先生は東北大学工学部電気工学科と同大学院を卒業後、草刈先生のお薦めで1953年に岩手大電気工学科に着任。1961年に助教授、1971年に教授となり、1992年3月に停年退官。同年5月から名誉教授に就きました。
 なお、火葬と葬儀は故人の意思により近親者のみで行いました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

 追悼の心を込めて「きたかみ40号」(1993年3月発行)の志田先生御退官記念特集から、最終講義のページをPDFで掲載しました。ぜひご覧ください。


 佐々木喜八郎相談役    (2018.8.3)



 元会長で相談役の佐々木喜八郎さまが2018年8月2日ご逝去されました。 満87歳だったとのことで、穏やかに最期を迎えられたと喪主の娘さんがおっしゃっていました。
 火葬:2018年8月6日(月) 9時30分 盛岡市 斎場やすらぎの丘
 葬儀:2018年8月6日(月) 12時 圓光寺 (盛岡市南大通3丁目11-49) 
心よりご冥福をお祈りいたします。



岩手大学電気電子情報科会

          

TOP